忍者ブログ

ART SPACE AZITO.の日々、お知らせ、ぼやき等。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミッシーに愛を込めて。
私、何かと愛用する物々に愛称を授ける癖があり、そのせいで稀に可笑しな事となるのである。

例えば、会話上の文脈で『エリちゃんに跨ってね、』等と私が云った時に、猥褻猥雑淫奔淫乱な助平野郎だな貴様は、なんて思われている事があるが、ソレは全くの誤解である。何故ならば、『エリちゃん』とは私の愛車『エリミネーターLX』という自動二輪の愛称であり、決して情婦の名前等では無いからである。私の様に純情純粋純朴な青年はチョット近年稀に見るよ貴方達、冗談じゃないわよ。

と、まあこのやうに、他にもエレクトリックギターには『木村』、アコースティックギターには『伝造』、電気ポットには『長谷部』等と名前を授けては密かにほくそ笑んでいるのである。気色の宜しい事だね。

で、表題に記した『ミッシー』であるが、これはAZITO.の上階、アトリエスペースに在る業務用ミシンの愛称である。だがしかし、最初からその様にチャーミングなお名前が付けられてはいた訳では無い。到底無い。そもそも衣服屋であったAZITO.の棚部分に威風堂々、余裕綽々と打ち捨てられて居られたのが、これミッシーであり、改装中の名称は『邪魔な奴』と云う至って凡庸な呼称であった。

そして、いよいよ改装の妨げになる事夥しいと判断した我々は取り敢えずの所、此奴を上階に上げなアカンな、と奮起、然るべくしてそれを試みたのであるが、此処で幾つか問題が発生。まず、ミッシーの重量である。ミッシーはその身体の大半を鉄分で構成しており、我々の様に虚弱な肉体で運搬するのは熾烈極めた。更に、上階への階段の幅が狭小、悪戦苦闘は必須である事から我々のメンタリテイの問題も発生。

等と言っている場合では無いので結局覚悟を決めて運搬したのだが、予想を上回る苦戦を強いられ、我々は幾度となく掌を痛め、私等はミッシーと壁の間に挟まれ、自分がこの様なガリガリの爪楊枝野郎で無ければ今頃圧死しておるよ、等と思いながら、よちよちと何とか上階に運び込み、その場に倒れ込み、ついでに咳き込んだ。

そう云った経緯を辿ったモノであるから、またもや私の無機物に対する過剰な信愛が暴走、『ミッシー』等と云う愛称を付け、山本がコレを唾棄しようとするのを頑なに拒み、今となっては『ミッシーBAR』等と称して個人的憩いの場と変貌させて居座って居る訳である。

普段は客人は上がる事の無いアトリエスペースであるが、そんな事になっておるよ、と、まあ、こんな文章は全体が蛇足であるよね。と、まあ、たまには宜しいやろ。



ジモン.



PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[05/22 山本]
[05/22 Too]
[06/16 山本氏]
[06/11 ジモン]
[06/11 伊藤]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
azito.owners
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- AZITO.Blog --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]